グリネー日和

セントメリースキーリゾーツの仲間達の目線から見たもの、触れたもの、感じたことをリアルタイムにアップしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
『トイレはどこですか?』
この夏、あるテーマランドで見かけたひとつの場面を紹介します。

若い女の子2人が、きゃっきゃきゃっきゃとはしゃぎながら
私の隣にいた男性スタッフに

『トイレはどこですか?』

と訪ねました。


トイレは左右どちらにもありました。
もし、自分がが男性スタッフだったらなんて答えますか?

その男性スタッフは、
『これからどちらに行かれますか?』

と答えたのです。
ちょっとハッとしました。

女の子たちが『今から○○に乗りに行くんです!!』と答えると
『それでしたらこのまままっすぐ行くと左手に見えますよ!楽しんできてくださいね』
男性スタッフは、乗り物へ向かう途中のトイレを案内し、笑顔で見送っていました。


何にハッとしたのかというと、相手の立場に立った受け答えをしているなと思いやりを感じたからです。

どうしたら相手の為に最善かを考えた行動は、見習うものがあります。
自分が『よかれと思ってやったこと』が、必ずしも相手が望んでいることではないかも知れないけど、思いやりと、相手を理解しようとすることは実行したいです。

ごく普通の、よくありそうなシチュエーションの中に、ヒントはたくさん隠れてるんですね。
 
*●ワンクリックで思いやりの輪が広がります●*
スポンサーサイト
グリネー日和2007年08月28日
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。